一眼レフカメラの価値が下がるタイミング

値段が下がる前に売る

一眼レフカメラの価値は下がる一方です。

 

よほど希少性のある機種なら別ですが、
一般に販売されてるキャノン・ニコン・オリンパス・ソニー・ペンタックスの一眼レフカメラは
発売開始から月日が経てば経つほどに価値は下がります。

 

値段がガクンと下がる前に売る

一眼レフカメラの価値がガクンと下がるタイミングがあります。
それは、後継機種の発売です。
売れ筋の一眼レフカメラは、定期的にメーカーが新機種が投入してきます。

 

このタイミングが一番大きく値段が下がるときなのです。
だから、新機種登場前に売るのが理想です。

 

このタイミングを上手く活用することで
損しないで高く売ることができます。

 

売る時季も気にしよう

一眼レフカメラを扱う時季は1年を通して暖かい時季が多いはずです。
真冬に一眼片手に撮影してる人は少ないのです。
少ないということは、一眼レフカメラを買い替えする人も少なくなります。

 

カメラの相場は買う人と売る人のバランスで決まります。

 

売りたい人が買いたい人より多ければ相場は下がります。

 

一眼レフカメラを使う人の気持ちになって売ることも考えてみてください。